騾ア蛻翫■繧縺九>
Since 1997.10.13
騾ア蛻翫■繧縺九>縺ッ縲∫ョ。逅莠コ縺。繧縺九>縺梧ュゥ縺榊屓繧上j縺ェ縺後i縲∫頑悽縺ョ縺縺縺ィ縺薙m繧貞咲匱隕九@縺ヲ縲√∩縺ェ縺輔s縺ォ鬲蜉帙≠繧狗頑悽繧定ヲ九※縺縺溘□縺薙≧縺ィ縺縺繧オ繧、繝医〒縺吶
辭頑悽縺ォ縺、縺縺ヲ
辭頑悽蜀咲匱隕
譌縺ョ譯亥謇
驕薙ョ鬧
繝舌ャ繧ッ繝翫Φ繝舌シ
シエス茨ス辭頑悽蠑
謦ョ繧翫∪縺上j
辭頑悽縺ョ蟶ク隴
繝医ャ繝励壹シ繧ク縺ク
■ 一心行の大桜   - 南阿蘇村 -

  春が近づくとやはり桜を見たくなります。熊本で桜といえば熊本城と一心行の大桜です。2005年3月26日(金)〜4月10日(日)「桜ファンタジー 南阿蘇 桜さくら植木まつり」が開催されています。

  以前は足場の悪いところに主役の一心行の大桜があったのですが、いつの間にか桜の周りが整備されていました。しかも、桜の周りには菜の花がきれいに咲いて春らしい雰囲気作りがされていました。
しかし、ちゃかいたちが見に行った4月8日はまだ咲いてはおらず、その日の気温からして翌日、翌々日くらいにはきれいに咲きそうな感じでした。(右写真)
熊本に住んでいるちゃかいたちは土、日を使って再度見に来れるものの、九州各地から来られた観光客の皆さんは開花直前の桜を見てとても残念がっていました。

ここで、一心行の大桜の由来を紹介します。
一心行の大桜の由来(チラシより)  この桜の大樹は、中村(峯)伯耆守惟冬が眠る墓地内の菩提樹になっています。伯耆守惟冬は天正年間、当時の峯村(現、南阿蘇村中松)に築城された鶴翼城(峯城)城主中、阿蘇家の命を受け矢崎城(現、熊本県宇土郡三角町)城代を兼務することになった。しかし、天正8年(1580)に薩摩の島津氏との戦いで矢崎城で戦火に散りました。故に室(妻)と4歳になった嫡男、惟尚(後に峯伯耆守惟尚)は、少数の家臣とひそかに故郷峯村に戻りその地名である峯(みね)伯耆守を名のった。
  桜はその時期に植えられたといわれ、戦いに散った城主、惟冬と家臣たちの御霊を弔うため一心に行をおさめたというところから「一心行」の名がついたとされます。
  その後、嘉永2年(1849)の山津波、昭和28年(1953)の大水害などの天変地異にも生き続け、400余念経た現在も見事な花を咲かせています。また、昭和初期の落雷により幹が6本に裂けたため今の樹形になっています。
  現在、惟冬公の直系の子孫により墓地と共にこの大桜は守られています。

機会があれば、再度咲いたころに行ってみたいと思います。

一心行の大桜の開花情報は白水村商工会で!
桜情報テレホンサービス:0967−65−5888
Copyright 1997-2004 Chakai ,All right reserved
繝ェ繝ウ繧ッ
縺。繧縺九>縺ョ譌・險
シ井サ穂コ九ヶ繝ュ繧ー縺ィ邨ア蜷茨シ
繝輔す繧ョ荳榊虚逕」譌・險
HTML縺ョ驛ィ螻
閾ェ蟾ア邏ケ莉
繧ケ繝医Λ繧、繧ッ繧ャ繝ウ繝繝
鬲ゅえ繧ァ繝
蜉蝣エ迚域ゥ溷虚謌ヲ螢ォシコ繧ャ繝ウ繝繝 譏溘r邯吶$閠
荳ク鄒主ア
闕峨し繝繧ォ繝シ繝√シ繝縲鯉シヲシ」シ「スス費ス会ス薙